メンズ脱毛は医療脱毛がおススメ

メンズ脱毛でクリニックがお勧めのわけ

 

美容, 脱毛

男性の脱毛でクリニックがなぜ人気なのか?それは効果の高さにあります。

 

医療脱毛はエステサロンの脱毛よりも効果を発揮しやすく、通う回数もサロンよりも少なくて済むメリットがあります。

 

理由@サロンとクリニックでここが違う

 

サロンとクリニックの違いはいくつかありますがクリニックでの脱毛は医療行為であり、永久脱毛を名乗ることができます。

 

クリニックの脱毛の場合はサロンの脱毛で使うフラッシュとの相違点があり、強さは約3倍の強さ、光も分散型ではなく直線型なのでサロンの脱毛と比べると4〜6倍の効果があるといわれています。

 

効果が高い分クリニックに通う回数も少なくて済むのでサロンで5年かかる脱毛でもクリニックならば2〜3年であることが殆どです。

 

また、クリニックでの脱毛は医療行為であり、強さがはっきりとしています。

 

毛嚢炎などが起きやすい人などには個人に合わせた軟膏などを処方することが可能であり、炎症などを起こさないための処方なども当日にクリニックで行ってくれます。

 

 

理由A痛みに弱い人には麻酔が使える

 

医療脱毛はサロンよりも強いフラッシュを使用していくことと、直線型の光なので「医療レーザー」といわれることが殆どです。

 

一か所、一か所にしっかりと放射することができるのでサロンよりも痛みを感じる場合もあります。

 

髭やVIOなどの皮膚が薄く、むだ毛が濃い部分にはある程度の痛みが出るのはサロンもクリニックも同じになります。

 

ですが、クリニックは医療機関です。担当する医師や看護師はすべて国家免許を持っています。

 

医療脱毛の際には痛みに弱い人や、VIOなどの痛みを感じやすい部分には別料金はかかりますが「笑気麻酔」などを利用することで無痛脱毛が可能になります。

 

麻酔が使えるのもクリニックが医療機関であるからこそであり、サロンの大きな違いの一つになります。

 

理由B実な効果を実感できる

 

髭などもそうですが、むだ毛のほとんどは表面に見えている量の三倍のむだ毛が皮膚の下に眠っているとされています。

 

発毛周期に合わせてこのむだ毛を入れ替えながら脱毛していくのはサロンもクリニックも同じです。

 

クリニックでは基本的に一度施術した場所からの発毛はほとんどありません。

 

このことからも重複させる必要がないので1回でも大きな効果を感じる人が殆どであり、継続する気持ちを維持してくれます。

 

また、美容電気針を用いたニードル脱毛も可能であり、より細かな脱毛をしたい場合はこちらを提案されることがあります。

 

ニードル脱毛は毛穴に電気針を入れることで毛根そのものを焼き切っていく方法になります。

 

施術後は毛穴の赤みや毛嚢炎に近い症状が起こりやすくなり、いわゆる「白ニキビ」ができやすい状態ともいえます。

 

クリニックではこの白ニキビようの軟膏なども処方してもらえるので帰宅後に適切なケアをすることでより効果を高めることも可能です。

男性のむだ毛と女性のむだ毛の違い

 

美容, 脱毛

男性のむだ毛は女性よりも太く堅いことが多く、髭などを見てもその違いがはっきりと分かります。

 

エステサロンでの脱毛フラッシュは法律で規定の強さが決まっており、それ以上の強さを出すことができません。

 

女性でもサロンでの脱毛は何年もかかることが普通です。
では、毛の太い男性ならばどうでしょうか?女性よりもはるかに長い年数がかかるのも仕方がないことということにもなります。

 

クリニックではサロンの約3倍の地よさのフラッシュを使用することができます。フラッシュも分散型ではなく直線型なので毛穴にしっかりと当たります。

 

男性のむだ毛に対してクリニックのほうが効果をより出せるという条件がそろっています。

 

 

男性専用サロンや男性専用クリニックの場合はより多方面からのアプローチが出せるので、クリニックを選ぶ際にもできるだけ男性専用であるほうが望ましいとされます。

 

 

男性専用クリニックはココが違う

 

男性専用クリニックは女性ユーザーが訪れることがありません。

 

クリニックのほとんどは予約制ですが、ウェイティングルームなどで誰かと待ち時間が重なっても同性なので安心できます。

 

髭やVIOなどの脱毛の際には様々なテンプレートやサンプルの提示、過去のユーザーであった要望なども取り入れてあることから希望の仕上がりなどをより明確にしやすい面があります。

 

施術スタッフも男性、女性から選ぶことができることが多く、VIOなどのデリケートな部分でも安心して脱毛ができます。(VIOなどは性器などをしっかりと隠した状態での脱毛も可能です)

 

デザイン面でも多くのサンプルがあるのでサロンよりもよりクオリティの高い脱毛ができるのもクリニックのメリットです。

東京で脱毛するならばこのクリニック

 

美容, 脱毛, クリニック

  • 脱毛したいけれどもどのクリニックがいいかわからない。
  • ネットにたくさんありすぎてどれがいいのかわからない。

 

そんな人や脱毛初心者でも安心できるクリニックをいくつかピックアップさせていただきます。

 

 

ゴリラクリニック

 

ゴリラクリニックはゴリラ脱毛という名称のほうが有名なクリニックです。

 

多くの芸能人などもユーザーにおり、初心者でも安心して脱毛ができる男性専用のクリニックになっています。

 

ゴリラクリニックでは髭はもちろんですが、男性の脱毛からは切り離せない「VIO脱毛」が全身脱毛の中に入っており、広範囲の脱毛をしたい、髭を終えているので他の箇所をしたい、全部まとめてやっていきたいというユーザーにもお勧めです。

 

VIO+お尻のお試し脱毛などもあり、どれくらいのむだ毛が減るのかも体験できる面や、総額の表示、分割では月額いくらになるのかなどもわかりやすいです。

 

クリニックでの脱毛の痛みの際にも麻酔が使えることや、実際の脱毛のモニターの動画などもあり施術の状態などを見ることもできます。

 

ゴリラ脱毛では各種お試し脱毛を受けてから本契約が可能です。

 

初診料などもアンケートに答えることで無料になり、各種分割なども準備してあります。

 

低価格でしっかりとした脱毛ができるのもゴリラクリニックのおすすめポイントになります。

 

脱毛後の保証などもしっかりしているので、ネット上の口コミが多いのも納得できるクリニックの一つです。

 

公式サイトである http://hige-gorilla-datsumo.com/ からも動画や料金、ゴリラ脱毛のユーザーの評価などを見ることができます。

 

 

 

新宿メンズサポートクリニック

 

新宿メンズサポートクリニックは男性専用のクリニックになります。

 

脱毛はもちろんですが、薄毛などのAGA治療や包茎手術なども行っており、男性の悩みを全般的に治療できるトータルクリニックといってもいいでしょう。

 

脱毛クリニックの多くが「美容皮膚科」になりますが、新宿メンズサポートクリニックは「美容外科」になり、皮膚に関する脱毛だけではなくあらゆる面での治療の相談などをすることができます。

 

新宿メンズサポートクリニックは夜22時まで営業しているので、仕事帰りやサークル帰りの学生さんでも通うことができます。

 

待合室などもすべて個室であり、なるべく人に会いたくないというユーザーにとっても嬉しい形体になっています。

 

公式サイトの http://msc-depi.net/lpd/ にもありますが、髭の脱毛の3年間の回数無制限で保証付きでこの価格はクリニックでの脱毛の最安値といってもいい存在です。

 

2年で希望の形になってもメンテナンスやケアをかねて3年通うユーザーも多く、髭を脱毛しながらVIOや胸毛など他の脱毛を希望するユーザーも続出しています。

 

湘南美容外科クリニック

 

湘南美容外科クリニックは脱毛のほかにも美容全般の悩みを相談することができます。

 

古くからあるクリニックの一つであり、脱毛なども早くから導入していました。

 

男性専用のクリニックではありませんが、老舗クリニックの一つであり、男性の脱毛でも大きな効果を出してきた実績があります。

 

公式サイトは http://www.s-b-c.net/ になり、美容脱毛のほかにも悩みになるものの多くを治療することができます。

 

脱毛の中でも歴史のあるクリニックであり、http://www.sbc-mens.net/ のように男性向けの割引や施術を独立したカテゴリーに準備してあります。

 

髭の脱毛などは回数無制限で受けることのできるコースなどもあり、お試し脱毛や一回だけやってみたいなどでも湘南美容外科クリニックでは安心して脱毛をすることができます。

 

全医院ではありませんが、男性専用の湘南美容外科もあるので、都内であれば両国、西新宿などが男性優先、男性専用クリニックになります。

クリニックに通う際にはどんな準備は必要なのか

 

美容, 脱毛, 考える人

クリニックは医療機関なので、保険証が必要になります。クレジットを組む際などにも利用できるので基本的には保険証だけでも問題はありません。

 

脱毛までに必要な準備は?

 

過度の日焼けや、前日に深い飲酒をしないなどになります。

 

過度の日焼けはメラニンの過剰生成につながるので脱毛中も禁止になります。

 

脱毛はむだ毛のメラニンに反応させて行うことが多いので、日焼けなどで効果が薄れることもあり、どのクリニックでも脱毛前、脱毛中の日焼けは控えるようにとなることが多いです。

 

夏場などの場合は脱毛の無い期間を夏にすることで、シーズンオフから脱毛を再開することもできますが、夏前までにある程度脱毛を終わらせておく計画なども立てることができるのでそちらを利用するのもお勧めのプランの一つになります。

 

脱毛中にやっていけないことは?

 

前述の日焼けもですが、脱毛中はカミソリなどを使った除毛が中心になります。

 

髭などのピンポイントで気になるものもあるとは思いますが脱毛中は発毛周期を乱さないためにも毛抜きなどの使用は控えるようにしましょう。

 

髭の脱毛はどれくらいで効果が出てくるの?

 

髭などの脱毛は髭の太さや量にもよりますが、堅いひげや青髭になりやすい人ならば1回目の脱毛でも効果を感じることが多いです。

 

これは他のむだ毛でもそうですが、最初の脱毛でもむだ毛が抜け始めた時に効果を実感できるのと、毛穴が小さくなっていることも感じることができます。

 

髭の脱毛などは3回目で大きな変化が訪れることが多く、1か月に1度の脱毛が可能な場合は半年ほどでデザイン的な物の形が見え始めることも多いです。

 

髭などは表面に見えているものの3倍は皮膚の中で髭の元になる細胞が眠っているとされています。

 

毛抜きなどを使わないことで、この眠っている髭を順番に表に出していき脱毛を繰り返していくことで最終的には全く髭がない状態を作ることも可能です。

 

ですが、年齢を重ねていくことで完全な無毛では幼く見ええるという声もあり、まばらな不精髭状態にしていくデザイン脱毛なども可能です。
頬などがひげで埋まっている人などでも、あごの周りやもみあげの下の部分は無精髭状態に残して頬は綺麗に脱毛するということができます。

 

現在ではデザイン脱毛を最初に決めてから施術することも多く、男性専用のクリニックでは多くのサンプルデザインもそろっています。

 

クリニックでの脱毛の際には「自分の希望を伝える」「ピンポイントでむだ毛が生えてくる際にはその部分も伝える」が大事になります。

 

脱毛はコミュニケーションも大事なものです。クリニックでは男性スタッフも多くいるので、男性専用クリニックが人気なのもこのことが一端を担っているともいえます。

 

 

脱毛後のお手入れはどうしたらいいの?

 

肌が乾燥している状態なので化粧水などを使うこと推奨されますが、男性の場合は普段から使うものではない人が多いと思います。

 

クリニックなどでカウンセリングや施術の際にその旨を伝えておくと、スキンケアの指導や化粧水の処方なども受けることができます。

 

脱毛専用クリニックと思われがちですが、皮膚科や整形外科が主たるものなので化粧水も医薬品や医薬部外品のものの処方を受けることができます。

 

ニードル脱毛や、皮膚の薄い部分へのフラッシュ脱毛の際には施術後が赤くなる位ことがあります。

 

これも毛穴に対する刺激からの反応になるのでクリニックによってはコースに処方薬が組み込まれていることもあります。

 

処方薬がない場合は申請することになりますが、カミソリ負けなどをしやすい人はカウンセリングや施術中にそれを伝えることで事前に処方薬を準備してもらうこともできます。

 

クリニックは安全度を重視しているので肌の弱い人でも安心して脱毛を最後まで受けることができるようになっています。

 

きちんとした薬剤を処方できるのもクリニックの人気が強いことの一つです。